主婦でも借りれるキャッシングガイドブック2016でもおすすめの大手キャッシングサービス目的別ランキング!主婦でも知ってて安心、低金利や無利息、即日もこちらです!

キャッシングで主婦が最初に抱える悩みが審査についてです

最初はキャッシングで主婦と審査についてのご説明

まず最初に、キャッシングで主婦と審査について説明します。突然お金が必要になったり、様々な訳であるていどの高額なお金が必要になった時にとても助かるのは、担保が要らなく尚個人への貸付をしてくれるキャッシングあるいは消費者金融会社なのです。でも、仕事をしてない為きちんとした収入を得てない主婦の審査の時ですが、殆どののキャッシングや消費者金融企業では働いていない事から申し込みの審査に受からず、お金の借り入れが出来ない場合がほとんどです。その様な困った時には、消費者金融会社から借り入れをしないで、銀行のカードローンで借り入れをする事で、収入の無い主婦でも問題なくお金の借り入れが可能なののです。

 

銀行系カードローンの規則の中の一つに、借りる人の年齢が満20歳〜65歳までなら、収入の無い主婦でも借りる方の旦那様に安定した収入があることが証明されれば申請がOKとなります。。学生さんや永住許可取得している外国人でさえもも借り入れが可能なのです。また、僅かな時間で審査し貸し付けが行われることも特色の一つとなってます。急遽お金が入用になった時には、一番短い時間で申し込んだ日に希望の金額を借りることができる場合もあります。さらに、お金の申請や返済をする時ですが銀行や連携しているコンビニにありますATM機をで返済することができ、尚利用手数料はかかりません。わざわざ遠くの金融機関に行く事なく、家の近くの銀行やコンビニ等でお金を返す事が出来る事は手間も省け時間も無駄になりませんし大変好評です。

 

銀行系カードローンの申し込み方法は電話やインターネットからできます。しかし急なお金が必要な人には、ATMコーナーに 設置しているテレビキャッシング窓口などで申請する手続 をおすすめします。テレビ窓口で申請をするには用意するものが有ります。まず免許証、住所や電話番号などが載っている勤め先の情報、源泉徴収票や住民税確定納付書等の収入証明書等です。ホームページから内容を確認し申請時に 必須な申請受付書類を取得できる金融会社もあるようなので予め記載しておくと短い時間で手続きが出来ますから是非お勧めです。申請受付は平日のみだけでなく土日祝日も行っております。利用時間も長く申請出来るのでとても助かります。

 

申請の際は、受付の方に教わりながら申請手続きが進み、係りの人の問いに答えながら、同じ方法で申し込みます。申請の時にその場で審査をされ、審査に通ると即カードも発行され、すぐに入用なお金を借り入れる事が可能となるのです。銀行系カードローンの一番の魅力ですが、銀行こその信頼出来る金利とゆとりの融資限度額なのです。未収入の主婦が初めて利用する時など、返済方法を教えてくれるメールサービスなどもあり本当に信頼しての借り入れもOKです。一番大切な事ですが、お金を借り入れる時には借りる金額を必要最低限に抑えてゆとりのある返済計画を考えることが重要です。

キャッシングで主婦が次に抱える悩みが限度額です

次にキャッシングで主婦と限度額についてのご説明

次に気になる、キャッシングする場合の主婦の限度額について説明します。2010年6月に貸金業法が改正され、その事により収入のない主婦達への貸付は不可能になってしまいました。貸金業法の総量規制が出来てしまったのです。総量規制とは、「借り入れを希望している人の年間の収入3分の1以上は貸付を行ってはいけない」と決められ、収入がない主婦の方へのお金の貸付けが出来なくなったのです。しかし主婦でもお勤めをしている人や、パートやアルバイトをして僅かでも収入がある方だけがキャッシングや消費者金融のカードローンに申し込むことが出来ますが、収入のない主婦は申し込むことが出来ないのです。

 

キャッシングあるいは消費者金融の事業と言うものは、国が定める貸金業法の管理の元に運営しており、総量規制の対象となってしまったので主婦の借り入れが出来なくなってしまいましたが、無二銀行のカードローンを所有していれば、職業をもっていない主婦の方でも申し込む事が可能です。銀行と言うものは銀行法の管理下にあるので、貸金業法の管理下にはないのです。と、言う事は総量規制の範囲外なのです。よって主婦の方も、銀行のカードローンを持っていれば申請しお金を借りることが可能なのです。しかし、銀行は個々の銀行ごとに 融資の条件が制定しており、その条件の一つに「借り入れの申し込みをする本人に収入があること」という条件が定めている銀行には、申し込む事が不可能なのです。現在銀行のカードローンも種類が多様で、旦那様の許可が不可欠なものとそうでないものが有ります。

 

一方で主婦の方達が持っているカードローンの限度額に付いてですが、もし審査に受かったとしても本来的には現在高額融資はやっておりません。限度額の最高ですが、一番高額でも30万円までなのです。ですから借り入れ金が低額なために、残念な事に金利は相場の最高金利が使われています。幸いな事にネット銀行の中には、貸付限度額が30万円〜800万円の銀行もあります。その場合金利は年率3.8%から13.8%の決まりがあります。実を言いますと、貸金業法の総量規制ですが、「配偶者貸付」というト特別の決まりが設けております。 この制度は、「申し込み者に収入がなくても、旦那様と合わせた年収の3分の1以下までなら貸付が可能」という決まりです。しかし残念な事に、有名な消費者金融でさえもこの配偶者貸付を行っているところは、今の現ところ皆無と言って良いでしょう。この配偶者貸付を行っている金融業者は本当にわずかで、小さな消費者金融の中には、配偶者貸付の受付をしている業者が二三あるのが現実です。

 

消費者金融の配偶者貸付制度に申し込む時ですが、用意をして頂く書類二三あります。一つ目は住民票、これは婚姻関係を証明する書類、本人の確認の為の運転免許証やパスポートなど、それと旦那様の承諾書も用意して下さい。、これは限度額によりますが、収入証明書も用意しなくてはならない事もあります。銀行のカードローンの事ですが、カードローンの利用をを申請した銀行のキャッシュカードを持っている人なら即日融資がおりるのですが、所持していない方には、カードが家に運ばれるまでに1週間程日にちが用します。

キャッシングで主婦がさらに頭を悩ますのが在籍確認になります

さらにキャッシングで主婦と在籍確認についてのご説明

さらに気になるのが、キャッシングする場合に主婦でも必要とされるの限度額になります。今まで、キャッシングまたは消費者金融は未収入の主婦の方にはお金をかしませんでした。と、言うのは消費者金融会社は貸金業法という国の法令に 管理されています。又貸金業法の中にある法律に「総量規制」と言う決まりがあります。「総量規制」とは、収入が無い者にはお金を用立ててはいけない決まりの事です。従って、主婦でもパートやアルバイトの仕事をして、毎月決まった収入があればお金の申請をする事が出来ます。

 

しかし、「総量規制」と言う法律にも例外はあります。働いていない主婦の方でも、申請する方の御主人に毎月きちんとした収入があるのならば消費者金融でお金を借りる事ができます。。この制度が「配偶者貸付制度」と言われています。いわば 特例なのです。しかし残念ながら現在大手のキャッシング、消費者金融会社でこの特例を使っている会社はありません。金融会社の中でも本当にごく一部の会社だけがこの特例を取扱っているのです。なぜかと言うと、配偶者貸付制度には決まりがあります。それは、何種類かの必要書類を提出しなければならないのです。この必要書類の立証作業がとても大変面倒がかかり手数の割には利益面収支が少ないないからなのです。

 

つまり、主婦の方が急なお金を工面しなくてはならなくなった時は、銀行系カードローンの借り入れを推奨します。銀行は銀行法の管理市下にあり貸金業法の配下ではないからになります。と、言う事は総量規制には入っていないのです。よって未収入の主婦の方でも申し込みお金を借りる事ができます。通常銀行のカードローンの審査については消費者金融会社より難しいのですが、主婦でも申し込むことが可能なのです。嬉しい事に消費者金融よりも低金利で、安心な借入れです。多くの銀行のカードローンは、借りる方の旦那様に固定した収入があればその奥様は借入れが出来ます。旦那様の承認の上で申請が可能となります。申請の際は、旦那様の勤務先を 詳しく知らせなければなりません。が、本来旦那様の職場への在籍確認の連絡はいたしません。ただし、書類に誤りがあったり、申告内容に不審な点がある様なら、在籍確認をする場合もあります。

 

主婦が借り入れをする時ですが、もし融資の審査が受かったとしても限度額は低額です。現在の限度額は30万円〜50万円というのが通例です。主婦の場合、勤務先が無い為は存在籍確認は出来ません。銀行の中でも、ネット銀行は、大手銀行より審査に通り易い様です。ネット銀行はまだ多くの人に知られていない為申請する人もあまり無い為、貸付審査の確認を甘くすることで沢山のお客様に使って頂きたいからです。ただし、ネット銀行でも、申請書類に誤りが発見された時には審査に合格することは不可能になります。

キャッシングで主婦が最後にぶつかる壁が「旦那に内緒にできるか」ですね

最後にキャッシングで主婦がぶつかる最大の壁の旦那に内緒にできるかについてご説明

最後に、主婦がキャッシングする場合にぶつかる最大の壁である家族、つまり「旦那に内緒にできるか」についてしっかりとご説明しまうのでご安心ください。仕事をしいていない主婦は収入がありません。と言う事は、お金を借り入れを申請して審査に通ったとしても返済のあてがないのです。今まで働いていない主婦は返済の充てがないのでキャッシングや消費者金融等に申し込むの無理だと思われて来ました。実際以前はそうでした。しかし最近は、未収入の主婦の方でも簡単に、消費者金融にお金を借りられるようになって来ました。それと同時に一番隠したい旦那様に内緒で申請する事が出来る様になりました。秘密でお金を借りる事が出来るのでしたらら、ずっと欲しかった品物を秘密に、人の気にする事もなく買う事が出切る様になります。しかし残念な事に申請出来る金融会社が少ないのが事実です。その事は忘れない様にして下さい。まず最初忘れてはいけない事は、働いていない主婦でもお金を借りる事ができるという消費者金融を探す事です。インターネットや、口コミの等で探して下さい。

 

次に、旦那様には絶対に秘密でお金を借りたいという人は、旦那様の在籍確認などの連絡を旦那様の会社に絶対しない約束をしてもらって下さい。他の言い方をすれば保証人は旦那様以外にする事です。通常消費者金融に申請すると言う事は借金を持つと言う事と同じですから保証人を立てるのは不可欠です。でも未収入の主婦が申請出来るキャッシングまたは消費者金融会社の多くが、最近は申請する時に保証人を立てなくてもよい様になってきています。このような理由で、主婦でもお金の借り入れが可能といえます。

 

簡単だと言っても審査は勿論あります。ですから審査にパスしなければお金を借りる事は勿論申し込む事さえできません。よって返済額が楽にできる額を借り入れすることが賢い方法だと思います。主婦達は、家計のやりくりを少し頑張れば、小額お金を貯金することは出来ます。食費や光熱費の使い方を考えれば、少しずつでも貯蓄出来ます。いわゆる世に言うへそくりです。ですからゆとりのある返済の為にも低額なお金を借りる事です。この様な借り方ですと、旦那様に知られる事無くお金を借り、知られない内に内緒でお金を返却する事ができてしまいます。事実、この様な借り方でどなたの注意も聞く事もなく今までずっと欲しかった物を購入している人が最近は多いのです。 たまには自分に対するごほうびとして、高級ブランド品のバッグや洋服、靴などを購入するのはとても幸せな気持ちになります。。

 

一番大切な事は、審査が通り易い消費者金融を探す事が重要です。インターネットでも申し込め、当日に審査をしてくれる金融会社もあります。その後直ぐに指定口座にお金を入れてくれる会社も、最近は増えてますから、当日に今までに欲しかった物を手に入れることが可能なのです。